平 成 貝 塚
ホ ー ム 平成貝塚とは 会 社 概 要 お 問 合 せ
ごあいさつ ブ ロ グ パンフレット よくある質問
  
更新情報 市町村による循環資源の管理型利用の手引き 【概要版】このページの下段に移動しました。 2018.02.05.
  市町村による「循環資源の管理型利用」に関する国と都道府県と市町村の職員のチェックシートを追加しました。 2018.02.05.
                         
市町村による「循環資源の管理型利用」に関する国と都道府県と市町村の職員のチェックシート
平成貝塚の特徴(基本コンセプト)
      ◆ 循環資源の最終処分の回避 溶融炉を適正に廃止する方法
      ◆ 循環資源の有効利用の推進
      ◆ イニシャルコストの最少化
      ◆ ランニングコストの最少化 溶融炉の長寿命化に関する代替案
        ◆ 温室効果ガスの排出量の最少化    
      ◆ 環境負荷の最少化
        ◆ 財政負担の平準化   財産処分に関する注意事項  
        ◆ 循環型社会と低炭素社会の統合    
        ◆ 再生可能エネルギーの普及拡大          
廃棄物の管理型処分から循環資源の管理型利用へ
      循環型社会における市町村の責務の確認   国の考え方   憲法との関係
      循環資源の管理型利用と廃棄物の管理型処分の違い
      循環資源の自ら利用と廃棄物の最終処分の違い   補足説明
      リスク管理に関する環境省の考え方
      第22次特区提案に対する環境省の回答(外部リンク)
       市町村が循環資源(焼却灰)の管理型利用を行うことができる理由    
       循環資源の管理型利用に関する市町村の責務    
       平成貝塚に関する市町村の三大原則    
       平成貝塚に関する民間のノウハウと市町村のメリット    
       市町村による循環資源の管理型利用マニュアル(概要版    
       廃棄物の管理型処分と循環資源の管理型利用における環境汚染リスクの比較    
       市町村による循環資源の管理型利用の手引き 【概要版】    


キャピラリーバリアの考え方     平成貝塚のイメージ画像01     平成貝塚のイメージ画像02

 
書 庫 プレゼンテーション 関連リンク